大学生活

【理系×簿記×独学】簿記2級を60日で取得するまで

大学生活

こんにちは!ハリボーです!今回は以下に当てはまる方へ向けた記事となってます。

・理系が簿記を学ぶことのメリット&デメリットを知りたい方
・独学で簿記2級を取りたい方
・私が簿記2級を取得した理由が気になる方
・理系目線のオススメの勉強法や勉強時間を参考にしたい方

こういった方の疑問に答えます。

理系×簿記のメリット3つ

資格が独学で取得しやすい

理系さんは計算に慣れているため、簿記の勉強にかなりとっつきやすく理解が簡単です。また、簿記は論理的な思考が必要なので論理思考が得意な理系さんにはとても有利です。したがって、誰かに教わらずとも自分の頭で論理的に組み立てながら理解が進むため独学が可能です。

文系さんお得意の暗記でどうにかする作戦は試験で忘れてしまったら終わりですし、表面的なことの暗記だけでは戦えません(第2問、第3問で痛い目を見るでしょう)。しかし、論理的に考えることができれば、いつでも適切な回答を思い浮かべることができます。

希少なΠ型人間になれる

なぜ理系が簿記を勉強するのか。親にも「あんた将来何になりたいのよ?理系の仕事じゃないの?」と言われました。答えは単純で、『Π型人間になるため』です。Π型人間とは専門分野を二つ持つ人間のことを指します。これからの日本に起きる時代の変化の波(終身雇用の崩壊、ジョブ型雇用への移行)に乗るためには、自分の専門分野を極め、専門分野を増やすことが重要です。

自分は工学のスペシャリストを目指していますが、学ぶ時間がある学生の間に、お金のスペシャリストへもなれるように準備しています。皆さんも第1、第2の専門家の道として、お金の専門家を目指してみてはいかがでしょうか。

研究費管理が楽になる

私は、個人的にcansatプロジェクトと呼ばれる簡単な人工衛星を作ろうと勉強および開発、設計を進めています。これには当然、お金がかかるわけですが、この管理方法をどうしようかと悩んでいたところ、簿記を取ってみたら?と思い至りました。実際に2級を取った後では管理をすっきりさせることができ、勉強に専念できるようになりました。

その他、私は自分で作ったexcelの家計簿をつけていますが、その管理画面も簿記の知識に基づき整理することができました。このようにすぐにアウトプットさせることができるのも簿記取得のメリットでしょう。

理系×簿記のデメリット2つ

時間がかかる

簿記に2級取得までにかかる標準勉強時間は300時間と言われています(簿記3級:100時間、簿記2級:200時間)。3ヶ月で取得しようとすると、1日の勉強時間は3時間ぐらいになります。毎日勉強してこれですから、かなりの時間を有することになります。

理系の場合、学校の勉強に忙しい方もいると思うので長期休みを利用して一気にやることがおすすめです。学生でかつ長期休みの暇を持て余している方であれば、かなりの時間を潰せますよ笑

お金がかかる

簿記取得2級取得までにかかったお金を計算してみましょう。表示価格は全て税込です。

3級用テキスト (1,100円)+
3級用問題集    (1,100円)+
2級用商業テキスト (1,540円)+
2級用商業問題集 (1,430円)+
2級用工業テキスト (1,540円)+
2級用工業問題集 (1,430円)+
2級用模擬試験集 (1,650円)+
簿記2級検定費 (5,220円)
=15,010円(勉強に用いた参考書は後で紹介します)

となりました。独学であるので、予備校に通って勉強して取得するよりかは遥かに節約できています(計算したところ7万円くらいの節約)。しかし、学生にとっては1万5千円は高額である方が多いと思います。ある程度、預金口座に余裕がある状態で始めましょう。

私が簿記2級を取ろうと決意した理由2つ

将来マイクロ法人を立ち上げたいから

マイクロ法人とは簡単に言えば小さな会社のことです。私は副業の一つとしてこちらのブログサイトを運営していますが、このような副業が成長していった暁には法人化をしたいと思っています(マイクロ法人化)。簿記の知識が0だと自分の会社の経営状態が把握できず、失敗してしまうでしょう。最低限の教養として、簿記の知識は必須と感じたため簿記を学ぶことにしました。

暇だったから

2021年8月末現在1日の新たなコロナ感染者数は2万5千人程度となっています。感染者数が増えていく中、学校に行く回数がへり、もちろん友達と会うことも少なくなりました。おうち時間を過ごすための映画、料理、YouTubeなどにはもう飽きてしまっていました。そこで、このような機会をチャンスに変えてみては如何だろうと考え、簿記を勉強してみようと思ったのです。行動することにリスクはないですからね♪

簿記をとった後の現在の私は、『次はなんだ!!何か俺に超えるのが難しい試練を与えてくれ!』とやる気に満ち溢れています。この機会にあなたも眠っているやる気を呼び戻すことができるかもしれませんよ。

取得するまでの勉強時間

2級合格までの合計勉強時間は160時間でした。この数値は3級と2級の範囲を全て計算に含んでいます。内訳としては、3級に60時間、2級に100時間かけました。思ってたより時間がかかりました。2021年の6月の初めに勉強を始めて8月の末に2級に合格することができたので、1日の勉強時間は平均で2.5時間となりました。

私は簿記3級は受けずに簿記2級だけを受験しました。理由として目標が2級を取得であれば3級は受ける価値がないからと感じたからです。しかし、3級の範囲は簿記の基礎となる部分なので問題集を用いた演習も行っていました。問題集に付属していた模擬試験を試しに受けたところ90点を1回目で取れたので3級の勉強を切り上げました。この時点での勉強時間の内訳は以下です。

続いて2級に取り組み初め、3級同様にテキストと問題集で知識をつけて行きました。一通り勉強を終えた後、模擬試験を行うと何と54点!!(合格は70点以上) 我ながらショックでした。そこで模擬試験による演習で補強したため、3級よりも勉強時間がかなり増えてしまっています。

もちろん、2級の内容自体が3級と比べて難しくなっているのでテキストや問題集の取り組みにかかった時間を多くなりました。まとめると2級の勉強時間の内訳は以下です。

独学ならこれ!オススメの勉強法

【合格までの手順】
手順1 テキストで学び、例題の解き方を覚える
手順2 問題集で演習を行う
手順3 模擬試験を行う
手順4 自分が間違えやすいところを何度も解き直す

 3級と2級の勉強の手順は全く同じです。ただし、3級を受けない場合は手順3,4を省いて良いです。

2級の試験は3級の時と比べて仕分けの難易度が比較的高まっていると感じ、ケアレスミスなども多かったです。これは演習不足による実力不足だと考えたため、模試を合計10回分行い、自分がミスしやすいところをメモっていました。以下がそのリストです。(ここに載っているのは6回分の模試)

このようにして間違えやすいところをピックアップして、その範囲を集中的に勉強し直すことで効率よく、そして確実に実力をあげることができます。これは私が大学受験の時に一番効果があると感じた勉強法です。逆に言えば、これ以外に意識していたところはないです。そもそもの集中力を持続させるための勉強法は以下の記事で紹介してます。

おすすめの参考書&問題集

自分はアマゾンで評価が高いものは確実に良いものだと思っているため、最も評価が高かった参考書を買うことにしました。以下に私が用いた教科書や問題集、模擬試験集を紹介しますね。

テキストと問題集は全て滝澤みなみさん作のみんなが欲しかったシリーズです。教科書の図がとてもわかりやすく、図を見るだけで内容を全て把握することができます。問題集は解説が丁寧で教科書と連動しているので、復習もしやすのでセットで買うのがおすすめです。

いきなり全てを買ってしまうのはなかなかの勇気が入りますので、まずは教科書を買うのがいいかと思います。

まとめ

最後まで読んでいたただきありがとうございました。日本が終身雇用制度の崩壊へ向かっている中、簿記を学ぶ価値はかなり高いです。ジョブ型雇用の波を乗りこなし、お金に困らない生活を送るためにも必須の知識だと考えてます。皆さんも簿記検定取得目指して頑張りましょう!もしかしたら、簿記1級取ろうかな、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました